kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
Google の映像コンテンツへの進出?
 ああ、そういうことなのね。
 梅田望夫・英語で読むITトレンド : YahooとGoogleは何が違うのかを読んで、ようやく理解した。Yahoo! Video Search は Yahoo! Search Video : blog.bulknews.net に紹介されて以来、気になっていたんだけど、要は同社が Yahoo! が映像コンテンツに対して技術的アプローチを取れるという、 Jeremy Zawodny 氏による主張だったわけですね。

 しかし、動画をめぐって Yahoo! と Google が争うなんて有りうるんだろうか。
 Google の限界は、有料コンテンツへのリンクを提供できない点にあると思う。テキストコンテンツは、製作者の裾野が広くほとんどが無償で提供されているので、小銭稼ぎの Google AdSense とあわせて生態系を構築できたんだろうだけど、動画は個人レベルでは作れないわけで。
 仮に Google が動画に進出するにしても、ハリウッドを避けて、アニメやインディーズ系のコンテンツに照準をしぼるんじゃないでしょうか。

16:50 追記
 Google も、もちろん有料商品の販売には興味を持っていると思う。 Froogle を見ればあきらかだ。成長を維持するためにも、いずれは課金ビジネスに手を出すのだろう。
 Google を破壊的イノベーターと定義するならば、それは、中小規模のウェブサイトに対しアクセスと収入を提供することで、大手ウェブサイトの代理店構造を破壊するという点についてだろう。そんな Google が課金に手を出すとしたら、 Paypal をもっと自動化したものになるんじゃないだろうか。
 そんなサービスが開始されれば、楽天なんて吹っ飛んでしまう。後に残るのは、コモディティ化した商店構築ソフトとオークションソフトだけですね。
[PR]
by kazuhooku | 2004-12-22 14:45 | 雑想
<< NY Times にヨンさま登場! ニュースメディアの再構築 >>