kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
オープンソースの支配者 (ライセンスに潜む危険)
[- 神か悪魔か - GNU の見えざる手 : 目次]
この記事は、「神か悪魔か - GNU の見えざる手」の一部です。他のエントリとあわせてお読みください。


 前々回のエントリ前回のエントリにおいて、次版の GPL (GNU General Public License) に導入されるかもしれない Bruce Perens の対特許条項について論じてきた。 (2005/1/6 追記: FSF は、あとになってこそこそするな - Linus Torvalds に続く)
 僕は、GPL に彼の対特許条項を導入することに反対だ。対特許条項は、ライセンス収入だけを目的とする「特許ゴロ」には何の対策にもならない一方、まじめにソフトウェアを開発しながら特許を使用しようとする ISV にダメージを与える。

 しかし、本質的な問題は別のところにある。

 以下、ソフトウェア開発者 (あなた) にむけて書く。

 GPL の問題は、 GNU がライセンスの改変権を保持していて、かつ、あなたのソースコードが、改変されたライセンスの下に配布される可能性があることだ。
 将来の GPL で、あなたが望まない改変が行われないとは限らない。その改変を多数派が支持した場合、あなたが望まない条件の下で、あなたのコードが配布/使用されることになる。GPL の目的は GPL ソフトウェアを増殖させることにある。あなたのコードが、あなたの望まない世界を強化するために利用されるわけだ。

 BSD ライセンスApache ライセンス には、この問題は存在しない。これらのライセンスは、あなたのソフトウェアを他人に使用してもらうこと以外に目的を持たない (使用形態を制限しない) からだ。BSD ライセンスで配布されたソースコードを GPL で配布することさえ可能なくらい。
 ならば、 BSD ライセンスよりも、現時点であなたの考えと一致している GPL のほうがマシなのだろうか。
 僕はそう思わない。
 それは、理念を主張しないことと、自らの意に反して自分のソースコードが利用されてしまうこととは別問題だからである。

 ちなみに、 Common Public License (CPL) や Mozilla Public License (MPL) にも同様の問題がある。CPL は、 IBM が改変の全権を握っている。MPL にいたっては "Netscape Communications Corporation" だ。

 あなたは IBM を信じられますか?
 Netscape って、まだあるの?
 GPL にしたところで、同じ話。むしろ、ライセンスの目的があなたのソフトウェアの公開に留まらない分、たちが悪いかもしれない。

 不幸中の幸い、 GPL には、この問題に対処する方法がある。GPL では、バージョンを指定してソフトウェアを公開することが可能になっている (CPL や MPL では不可能) 。具体的には、こうすればよい。
This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software Foundation; either version 2 of the License, or (at your option) any later version.
僕なりの結論:

 ソフトウェアを公開する際に、 CPL や MPL を使用してはならない。
 GPL を使用する場合は、バージョン指定すべきだ。

感想:

 ライセンスに、前文のような不変条項を設けることはできないんでしょうか。憲法の前文が改正改変可能かという議論があったと思うのですが、それと同じように...

[目次へ戻る]
[PR]
by kazuhooku | 2005-01-05 01:35 | GNU
<< FSF は、あとになってこそこ... GPL は独禁法違反となるのか >>