kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
FSF は、どうあるべきなのか
[- 神か悪魔か - GNU の見えざる手 : 目次]
この記事は、「神か悪魔か - GNU の見えざる手」の一部です。他のエントリとあわせてお読みください。



 GPL v3 について、CNET Japan (および ITmedia) の記事がRuby の作者まつもと氏の日記で取り上げられていた。

 その中の、氏の『GPL2かまたはGPL3の「好きな方」を選ぶことができる』から問題ない、という指摘が気になったのでコメントをつけたところ、丁寧な再反論をいただいて、議論になっている。ありがとうございます>まつもとさん
コメントにコメントで続けてきたのだが、反論に留まらない自分の意見については、自らのブログで書くべきと考え、エントリを起こすことにした。 (一連のやりとりについては、氏の日記を参照):

 まつもと氏は、GPL が信頼によって成り立っていると指摘する (僕も賛成だ) 一方で、GPL に付属する「How to Apply These Terms to Your New Programs」において FSF が、「バージョン2以降」とする点に注意喚起せずに、ただ、「version 2 of the License, or (at your option) any later version」と書けばよいと記していることについて、

FSFの立場から言えば当然だとは思いますが。

というか、ライセンス文書で「私は将来信頼できない行動をするかもしれないから」と注意喚起する人がいたら、むしろそっちのほうが普通でないと思います。
としている。

 しかし、GPL は、普通の契約なのだろうか? 一般的な契約とは、相手が信頼できない(かもしれない)という前提の下に、穴がないような合意を文書に起こす作業である。通常のライセンス契約の話をするのであれば、FSF が一方的に条件を変更できるということ自体が論外であろう。
 また、GPL は、対等な2者間で取り交わす契約とは異なる。FSF が時間と労力をかけて作成した統一契約を、開発者や利用者、個々人に提示しているという点で、企業が消費者と結ぶ契約に近い。

 FSF は、いまや巨大な影響力を持つ組織であり、FSF が一方的に有利な契約を一般の個々人と締結する以上、その意味について説明責任を果たすべきだと、僕は思う。これは、大企業が個人より高い倫理規範を求められるのと同じことだ
 ましてや、 FSF は、通常の契約ではありえない性善説に基づいた「信頼」を開発者に要求している。その同じ組織が「ライセンスに書いてあるから問題ない」と言って契約を完全に理解できていなかった少数派を無視するとしたら、それはダブルスタンダードである。

 FSF は、ライセンスの変更が契約者に不利益をもたらす可能性について説明してこなかった不作為責任がある以上、その意味を変更すべきではない。少なくとも、新しいライセンスを公開してから発効するまでの猶予期間を設ける等して、誤った理解をした人々の救済をすべきであろう。
 それが、通常の契約を超えて「信頼」してくれる開発者に対して FSF が示すべき誠意だと、僕は思う。

 また、こうした議論をしておくことは、今後、ソフトをどのようなライセンスの下で公開すべきか、どのようなライセンスのソフトを使用すべきか、考える際に有意義であると思う。

 あとは、FSF が秘密主義的かどうか、という問題だが、Linus Torvalds 氏のメールで触れられている前回の改定検討について、具体的に検討された内容、日時、等が公開されていない点を見ても、ライセンスの検討がオープンでないことはあきらかだ。ソースコードはオープンであるべきだと、あれほど主張しているのにもかかわらず。
 また、先の記事「誰がための著作権譲渡か」で書いたように、著作権譲渡契約についても、一般公開されていない。繰り返しになるが、「GPLを強制する上で最良の立場に立つ」ため、と言いながら、実際の契約には、改変の公開を義務付ける条項は含まれていない。

 GPL を運営する前提条件である、皆から信頼される組織でありたいと考えているのであれば、FSF はもっとオープンになるべきだ。ライセンスの改訂をこそこそ検討したり、いい加減な著作権譲渡契約を交わしたりするべきではない。みずからを衆目にさらし、誤解の種をひとつひとつ取り除いてゆく、それがあるべき姿ではないのか。

注: (2005/2/2 追記) 私はここで、(弁護士が契約書を作成するような) 団体と (弁護士に契約確認を頼むことのできない) 個人が契約する場合において、個人の利益が不当に損なわれないよう保護が必要だという立場に立っています。この立場は、消費者契約法等の背景にあるもので、一般的なものであると考えます。
[PR]
by kazuhooku | 2005-01-26 10:34 | GNU
<< 信頼できるオレオレ証明書 (笑) t.ikawa 氏のコメント:... >>