kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
権力集中の危険性
[- 神か悪魔か - GNU の見えざる手 : 目次]
この記事は、「神か悪魔か - GNU の見えざる手」の一部です。他のエントリとあわせてお読みください。


 GPL ソフトウェアのライセンスに「GPL2以上」と書くべきか「GPL2のみ」とすべきか、という点について、まつもと氏は、

具体的な可能性が予見されない限り、FSF を信頼する
というスタンスのようだ。

 一人の人間として、このように性善説のもとに立てるのは、立派なことだと思う。しかし、具体的な可能性が予見できないからと言って

「権利行使方法を FSF に供託する」(まつもと氏; リンクのコメント部)
という態度は、僕は間違っていると思う。

・Stallman は現在のところ信頼できる人物かもしれない
・そして、 Stallman が代表を務めている GNU は、現在のところ信頼できる組織かもしれない
・しかし、一時期偉大だった人物が、後になって豹変する例は、枚挙の暇がない
・また、偉大な指導者が設立した組織が、その死後変質した例も、いくらでも挙げることができる

このような認識に基づいて、僕は、多くの人が「権利行使方法を供託」することで、特定の組織に権利を集中させることは望ましくないと考える。GPL が広範に採用されている影響力の大きなライセンスであることを考えると、FSF に権力が集中している、というのが妥当な認識だろう。

 そして、一般的に言って、特定組織に権利が集中している、というのは注意が必要な状況である。


 まつもと氏は、それでも、「私は私自身よりも彼を信頼します」 (リンク) と言って、「権利行使方法を供託」することを正当だと主張するかもしれない。この主張には一理ある。それは、なぜなら、権力集中による相乗効果がない場合は、平均よりも信頼できる単一の個人または組織に皆が「権利行使方法を供託」することで、フリーソフトウェア全体としての発病率 (問題のある新バージョンのライセンスが採用されてしまうこと) を下げることができるからである。

 新バージョンのライセンスが使用条件を緩和する方向だった場合、相乗効果は、あまり生じないのではないだろうか。GPL3 が BSD 様のライセンスになったと仮定してみる。開発者の反応は、せいぜいが怒り狂うだけであって、なんらかの具体的な影響があるかどうかは不明である。 GPL ソフトウェアのカスタマイズ事業を展開している会社などは、弧発的であった場合は影響を他のプロジェクトで吸収できたところが、受注への影響を一時に蒙ることで倒産してしまうかもしれない、とか、僕が思いつくのはその程度だろうか。

 しかし、新バージョンが使用条件を厳格化する方向だった場合は、相乗効果があるのではないか。KDE と GNOME を例に挙げる注1。仮に一方のみが発病した場合は、他方に乗り換えることで、使用者は影響を低く抑えることができる。しかし、両者が同時に発病してしまうと、代替選択肢がなくなってしまう。要は、同一分野に複数のソフトウェアが存在する場合、権力が集中していなければ代替を見つけることができるが、集中していると見つけることができなくなってしまうということだ注2

 このように、FSF への権力の集中は、現実的な危険を孕んでいる。

 相乗効果よりも発病率低下の影響の方が大きいのではないかという反論もありうるとは思う。しかし、よほど詳細に分析してそういう結論が出ない限りは、定数的な要素よりも定性的な要素を重要視すべきである。


 以上のように、FSF に権力を集中させるのは問題である。単に注意が必要というだけではなく、後半述べたように実際に相乗効果が存在する以上、なおのこと用心してかかるべきではないか。

注1: 実際には、KDE のライセンスは GPL ではない。GNOME と同時に発病することがないのは、実に幸運なことだろう。
注2: 新ライセンスが受容できない場合は、旧ライセンスで公開されていた頃のソフトウェアを使い続ければよい、という反論は強弁である。くわしくは、「GPL バージョン変化の隠された意味」を参照してください。

[PR]
by kazuhooku | 2005-01-31 12:11 | GNU
<< 誰がための著作権譲渡か (その 2) GPL バージョン変化の隠された意味 >>