「ほっ」と。キャンペーン
kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
ジャストシステム敗訴と朝日新聞
 2月2日づけの朝日新聞によると、

判決を出した高部真規子裁判長は地裁総務課を通じて「別の文書作成ソフトで判決文を書いた」と答えた。
だそうだ (教えてくれた人、ありがとうです)。

 僕としては、高部裁判長がこれまで一太郎を使ってきたのかどうか聞いてほしかった。

 まあ、もともと、ワードかなにか、一太郎以外のユーザーなんだろう、きっと。

 今回、判決を書くために一太郎に変えるなんて、ありえない話だと思う。そもそも、判決の対象はジャストシステムであって利用者ではないわけだし、法律の実務家たる裁判官は、実務的だろうだと思うからだ。

 ちなみに、

(一太郎を使っている) 東京地裁総務課は「判決の対象は製造業者で、いま利用中のソフトに影響はない」としている。
(同、朝日新聞)
こういう、あっさりした感じが好き。
[PR]
by kazuhooku | 2005-02-03 00:07 | 雑想
<< 再開、そして移転? 誰がための著作権譲渡か (その 2) >>