kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
テクノロジレイヤが異なれば競合しないのか?
 先のエントリ「Yahoo! Widgets が RSS を駆逐する?」に対して、Hardcoded さんより反論のトラックバックがあった。
 
 いわく、テクノロジのレイヤが異なるから、 RSS (データ) と Yahoo! Widgets (UI) は競合しないのだと言う。

 この考え方は、純粋に技術を論じる場合には正しいかもしれない。しかし、実際のビジネスにおいては、間違いである。

 レイヤが異なれば競合しないのであれば、 Windows 上で動作するウェブブラウザを作っていたネットスケープはマイクロソフトの脅威ではなかったことになる。しかし、実際には両者は競合していたし、マイクロソフトは全力をもってネットスケープをぶっ潰した。
 両者の、では何が競合していたかというと、そのテクノロジの上で動作するアプリケーションが競合していたのである注1

 私は、同じことが Yahoo! Widgets と RSS の関係にもあてはまると指摘している。

 Yahoo! Widgets は強力なクライアント開発手段である。NETAFULL にて描かれたように、RSS のフロントエンドとしてウィジェットが使われる、というのは現実的な解だろう。やまざき氏がコメントしてくれたように「Widgetsの力を借りてWEBフィードはさらなる発展を遂げる」かもしれない。
 しかし、逆に、ウィジェットという UI 技術が普及することで、裏方の XML API は非公開になり、共通化が図られなくなるかもしれない。ちょうど、HTML がデータ記述からレイアウト記述の言語になっていったように。そして、 Web 2.0 の夢は遠のく注2

注1: Windows vs. Netscape Navigator という競合関係が存在した、ということ
注2: 相互運用性が確保されなければ、集約や連携といったサービスは実現できない


Web フィード ≠ RSS / Atom」、「Web 2.0 (相互運用性) の抵抗勢力」に続く
[PR]
by kazuhooku | 2005-08-08 15:00 | RSS & お気に入りナビ
<< Web フィード ≠ RSS ... Yahoo! Widgets ... >>