kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
よいフレームワークは、アプリケーションの可能性を狭める
 良いプラットフォーム注1とは、その上で動作するアプリケーションの可能性を狭めるものではないか。

 昨年末、マーケティングの側面から MovableType と Zope の関係を論じたが、両者をフレームワークという側面から比較するのもおもしろいと思う。
 MovableTypeは、Zope のように自由にコンテンツを配置することはできない。そのかわり、タグを気にせずに、テキストを系統立てて発表することができる。

 PHP にしても然り。プログラミング言語としては問題が多いが、ウェブの開発に必要な機能が組みこまれているため、 Java, Perl, Ruby といった汎用言語にはない、とっつきやすさがある。

 皆の要望に 80% 応えるかわりに、一部を切り捨て、大多数のユーザーの要望に 100% 応える。

 そういう視点にたつと、まだまだなすべきことがある。などと考えながら、仕事をしています。

注1: プログラミング言語やフレームワークについて考えています
[PR]
by kazuhooku | 2005-08-18 20:56 | 雑想
<< Google は生き残れるのか? 会社でブログをはじめました >>