「ほっ」と。キャンペーン
kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
Google は生き残れるのか?
 Life is beautiful さんや Speed Feed さん、パースペクティブ・アイさんあたりで、マイクロソフトへの悲観論、あるいは、対比的に Google を高く評価する論が出ている。

 しかし、将来を一番悲観すべきは、 Google ではないのか。

 いずれコモディティ化していく中で高収益を得、基盤の拡大を図るためには、なんらかの独占市場が必要となる。

 マイクロソフト、Yahoo!、Amazon といったプレイヤーには、いずれも肥沃な後背地が存在する。つまり、これらの企業は、根拠地を確保した上で陣取り合戦をしているわけである。

 しかし、 Google に後背地はない注1。四面楚歌の中、検索や AdSense といったサービスから利益が上がる間に次の市場を見つけなければ、未来はない。

 Google ももちろん分かっていて、だからこそ、図書館のデジタル化といった、独自コンテンツの確保に躍起になっているのだろう。しかし、特効薬はあるのだろうか。

 昨今、 Google の無線 LAN サービス参入が噂されている。ユーザー囲い込みのための初期投資に必死になる Google の立場は、日本におけるライブドア程度のもののように、私には思える。

8:58 追記
 報道されているように、 Google が電話分野を押さえることができれば、他のプレイヤーと対等に戦えるようになるかもしれませんね。

8月25日追記
 AdSense の収益性については、『「イノベーションのジレンマ」で読むインターネット広告』に書きました。あわせてご一読いただければ。

注1: 技術力でのしあがった新興企業だから当然なのですが。
[PR]
by kazuhooku | 2005-08-24 06:18 | 雑想
<< 「イノベーションのジレンマ」で... よいフレームワークは、アプリケ... >>