kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
Web 2.0 時代の UDDI についてのメモ
 UDDI は何故失敗したのか。 単に、「ディレクトリ型」というトップダウンモデルが間違っていたからではないのか?
(cf. MS、IBM、SAP、UDDIレジストリを停止; ITMedia)

 実際、blogosphere では、UDDI が目標として掲げた、サービスを発見し、比較する、という行為は、既に実現されている。

 スパマーはどうやって来襲するのか。検索エンジンでブログサイトを探し出し、HTML ページからトラックバック API やコメント API を Autodiscovery注1 して、ゴミをまきちらしていくのである注2
 彼らは、ネット上から特定の API を備えたウェブサービスを検索し、そのサービスに対しリクエストを発行するという UDDI の目標を達成しているのである。

 この「Autodiscovery による UDDI」では、複数のサービスを比較して、どちらがより高いパフォーマンスを持つかを判断することもできる。検索結果のページランクを比較すればよい。

 ヒューマンインターフェイスのみならず、マシンインターフェイス (API) についても、検索エンジン技術は重要ということなのだろう。


注1: 狭義の Autodiscovery ではなく、microformats 系の API 記述技術も含んだ話だと考えてください
注2: スパマーの場合、ブログサイト検索=autodiscovery のパターンを検索、かもしれない

[PR]
by kazuhooku | 2006-05-25 06:29 | 雑想
<< 産経新聞が本音で語ってる件 「ウィルス作成罪」が衆院通過の見込み >>