「ほっ」と。キャンペーン
kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
hazama-hazama 氏の一連のエントリーについて
僕はその「素晴らしい」人に「あなたは死刑執行のボタンを押せるか?」と訊ねたい。被害者に優しいあなたはそのボタンを押せるのか?誰かが人知れず押してくれるからこそ、そう言えるのではないのか?
(あなたは死刑執行できるか)

敢えてナイーヴな「疑問」と言う形で発言したところ、いろいろな意見をもらうことができた。しかし残念ながら全て予想の範囲内の意見だった。

(中略)

僕は「正義」の名の元に、無自覚にモダンな「パンとサーカス」を望む「優しい」「素晴らしい」人々が大嫌いなだけだ。彼ら(僕)は、ドラマや映画を消費するようにワイドショー的に死刑を消費する。
(ちょっとだけ帰ってきた過下郎日記 - 死刑の後で)

 hazama-hazama 氏のこのような公開の場での「釣り」行為も、死刑について真摯に考えている人たちを「ワイドショー的に消費」するものではないのか?

 「ワイドショー」を無自覚に消費する人々を「大嫌い」と言う氏は、自らがこのような「ワイドショー」をプロデュースしているという点についてどう考えているのだろう。
[PR]
by kazuhooku | 2006-06-23 10:54 | 雑想
<< Welcome to the ... 愛国心と阪神タイガースの関係について >>