「ほっ」と。キャンペーン
kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
3分野 × 3個のキーワードで理解する Web 2.0
 Web 2.0 は幅広い分野にわたる概念だけに、ともすれば、あちらこちらで違う議論になってしまう。やっぱり、まず分野を定義して、その各分野毎に整理すべきなんじゃないか ..... やってみました。

社会的側面:
 自己表現のためのプラットフォーム (ブログ)
 創発的な構造 (wikipedia)
 混沌から発生する秩序 (ソーシャルブックマーク)

技術的側面:
 クライアントサイド処理 (Ajax, CSI, P2P)
 自動連携 (Web サービス, RSS)
 オープンソース

マーケティング的側面:
 ロングテール
 CGM
 マッシュアップ
 フロント・イネーブラ

という感じかな。

 社会的側面は、山本さんから教えてもらった「The Trends Underlying Enterprise 2.0」というエントリから。

 技術的側面は、自分で選んだ。他の候補もあるけど、この3つが一番根源的だと思う。詳しくは、近日発売の「Web2.0 キーワードブック」を参照してください。

 以上、「Web2.0を語る際の論点を整理してみた」が、おもしろいけど長いなぁ、と思ったりしたこともあり、本の宣伝を兼ねたエントリでした。

20:12 追記: マーケティング的側面他加筆しました。でもひとつたりない。選ぶとしたら、何になるんだろう。個人的には「ハブ・アンド・スポーク」なんだけど、一般的じゃないと思う。

2006/7/13 追記: R30 さんの指摘により、「マッシュアップ」と「フロント・イネーブラ」を追加しました。ありがとうございます。今度はひとつ多いけど、どちらかを外すのは難しいんじゃないかなぁ。

注: 本日 2006/7/12、Cybozu Developer Network を公開したらしいです。
[PR]
by kazuhooku | 2006-07-12 16:50 | 雑想
<< YouTube 違法論は非本質的 必殺仕事人と有害ゲーム規制 >>