kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
YouTube が注目される、2つの理由
 補足。先のエントリ、特に、

商業的な権利なんてものは、社会全体の利益に反しない程度に守られればいいものである。
(YouTube 違法論は非本質的)

について。

 著作権なんてものがなぜ存在するかというと、コンテンツ製作者にある程度の独占的権利を認めたほうが、創作のインセンティブになるから。換言すると、コンテンツ利用者の権利と、創作者へのインセンティブのバランスを取ることが、著作権の存在意義だ、ということになる。

 重要なのは、利用者の権利と創作のインセンティブがゼロサムの関係にはないということ。上手にやれば、コンテンツの消費が拡大してウィン=ウィンになるだろうし、逆に、市場が冷え込んで利用者も製作者も損をすることもありうる。

 ここでようやく、最適解はどこにあるのか、という話になる。
 
 利用者の立場からみて現行方式が古臭くなりつつあるのは、「TV番組の著作権問題がネットユーザから軽視されているのは地方で『ハルヒ』が見れなかった反動か!?」というタイトルが示しているとおり。YouTube だと、「地方」でも関東のU局が見れますからね (笑)

 もちろん、利用者にとって都合が良いという意味では Winny も同様だけど、Winny はフリーライドのための仕組みだから、インセンティブはゼロ。したがって、著作権のモデルとしては論外。

 YouTube はその点、

「局と電博はもっと番組を開放せよ。YouTubeぐらいでお前ら潰れないだろ」
(TV番組の著作権問題がネットユーザから軽視されているのは地方で『ハルヒ』が見れなかった反動か!?)

ということになる。

 話は、利用者側の都合に留まらない。

 YouTube がコンテンツ制作側にとって新しい利益配分モデルになる可能性を秘めている、という点も、また、見逃してはならない。

 既に Broadcast 1.0 の代表企業である NBC は YouTube を自社番組のプロモーションで使うために提携を発表している。今後は、「動画版Adsense」 といった方向性もありうる。

 つまりは、コンテンツの利用者と製作者の双方から見て、有意義な実験場だということ。新しい映像コンテンツ流通システムの誕生を目の当たりにしてるんじゃないか、という期待感が、YouTube を包んでいる。
[PR]
by kazuhooku | 2006-07-18 22:44 | 雑想
<< 恐竜になったマイクロソフト YouTube 違法論は非本質的 >>