kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
人を殺めるときに歌うクラシック
ぼーっとネットを漂っていたら、「人を殺める時にかける曲(クラシック)は?」というのを見つけました。

ブラームスの交響曲第一番があがっているものの、楽章指定がなくて、「どれだけかけて殺すんだよ」と夫とともに突っ込んでしまいました。夫説では「きっと四楽章冒頭だろう」とのことです。

おもしろいテーマだなー、と思って、自分ならどの曲がいいだろう、と考えてみたら「ワルキューレの騎行」でした。やっぱり奮い立たせないと!ちなみに、ドライブのときにかけるともっとも危険な曲らしいです。ベートヴェンの交響曲第五番「運命」の第一楽章冒頭もザクザクザクって感じでいいかと思いましたが、夫に「ベタ過ぎ」と言われました。

最初はモーツァルトの「レクイエム」とか、バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」とか、鎮魂曲っぽいのがいいのかなー、と思ったのですが、それは死んだ後だ、と思い直しました。

from: 人を殺めるときにかけるクラシック - 法務だけど理系女子の綴るblog

 これ、おもしろいなぁ。

 自分が選ぶなら、間違いなくモツレクの「Dies Irae」。確かに全体としてはミサ曲かもしれないけど、Dies Irae なら歌詞的にもあってるよ、きっと!

 扉がバーンとあいたら殺人鬼がいて、「Dies Irae, dies illa ♪」って歌いながら包丁を振り回して迫ってくるとか、もうゾクゾクしちゃいます。
#序奏なしの頭サビだし

 それに、聴きながら殺めるよりも、歌いながら殺めるほうがキテていいと思うのです。


...ちょっと、疲れてるかも。
[PR]
by kazuhooku | 2006-08-12 09:36 | 雑想
<< ネットを日本語化する:Japa... それが、はてブクオリティ! >>