kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
SNS と YouTube と言語・文化障壁
 CNET Japan の記事によると、

Washington Postの記事によると、Orkutはブラジルで特に人気があり、推定1700万人といわれる同サービスのユーザーのおよそ4分の3がブラジル国内のユーザーだという。

(グーグル、ブラジル司法機関へのデータ引渡しに合意 - CNET Japan)

 Yahoo! JAPAN, mixi といったプレイヤーの強さを見ていると、海外のウェブサイトにとって日本市場への参入障壁って高く感じられるんだろうなぁ、と思った。改めて。

 逆に、ユーザーの 3/4 がいつのまにか国外ユーザーということは、国内市場を中心に考えている日本企業的な感覚ではありえないわけで、そのあたりが日本のソフトウェア産業の輸入超過って話につながっているようにも思う。

 とってもいい加減な考察だけど、まずは、問題意識をもつところから。YouTube も含めて考えるとおもしろいかも。
[PR]
by kazuhooku | 2006-09-06 14:49 | 雑想
<< 安部氏のボランティア強制案を徴... ネットを日本語化する:Japa... >>