kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
やおい (あるいは百合) の定義
 偶然「百合」でググッしたところ Wikipedia の「ガールズラブ」が1位に来てびびりました。ついでに「やおい」の解説も読んでみたんだけど、ちょっと違和感。

 やおい or 百合を特徴づけるのは、同性愛を幻想の関係性を描くための手段 (あるいは様式) として使っている点だと思ってたんだけど、違うのかな。現実の人間関係から逃避するための手段もしくは代償行動とでも言うべきか。

 だからこそ、人間関係が最大のウェイトを占める思春期の少女を主対象とするジャンルになるわけだし、それがゆえに、距離をとって安心して楽しめるボーイズラブなんじゃないの? このような要因によって同性愛者でない多数に受容されている以上、多くの作品でゲイ・アイデンティティが忌避されるのも当然。あくまでも代償としての幻想を描くのが目的だから、アナル・セックスするにあたっても浣腸は不要なわけ。

 そういう意味で、ガールズラブの代表作たる「マリア様がみてる」は、すごいなぁ、と思う。「お嬢様学校」「純粋培養」「スール (姉妹)」といった設定をくりかえし表明することで、うまい具合に距離感を確保してる。

 ... と、とりあえず、鍋の〆にうどんを入れて食べたあとに推敲できるような話じゃないという気はする。うぅ、気持ち悪い。ということでアップ。
[PR]
by kazuhooku | 2006-10-26 21:04 | 雑想
<< IPAフォーラム2006での講... ソニー電池回収の余波 >>