「ほっ」と。キャンペーン
kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
「Winny による被害額は約100億円」っておかしいんじゃないか
 少なくとも ACCS が算出した95億円分は、計算方法がめちゃくちゃなんじゃないの、という話。

 社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)と社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)は11月28日、ファイル交換ソフト「Winny」による被害相当額は、約100億円規模であると発表した。

 この被害相当額は、Winnyネットワーク上で権利者に無許諾で送信可能な状態に置かれ流通している音楽ファイル、コンピュータソフトウェア等についての実態調査を実施し、その金額を試算したもの。

 実態調査は、10月10日の18時から24時までの6時間について実施し、その結果、少なくとも21万ユーザーのコンピュータなどでファイル交換ソフトWinnyが利用されていることを確認した。

 調査によると、音楽ではWinny上で61万ファイルの流通を確認。1ファイル当たりのJASRAC管理楽曲を7曲と想定し、月額使用料換算で約4億4000万円相当の被害額となる。

 コンピュータソフトウェアなどについては、Winny上での流通タイトル数を平均価格で換算し、総額で約95億円の被害額となった。内訳では、ビジネスソフトウェア61万タイトルで約19億5000万円相当、ゲームソフトウェア約117万タイトルで約51億3000万円相当、アニメーション約18万タイトルで約17億2000万円相当、コミック約159万タイトルで約7億円相当となる。

Winnyによる被害額は約100億円--最も大きな被害はゲーム - CNET Japan

 JASRAC の算定方法は良くわからないので、ACCS が担当したそれ以外の部分 (約95億円) について。

 まず、タイトル数と被害額の関係だが、コミックのところを見ると、約7億円÷約159万タイトル=440円、ということで、単価×タイトル数=被害額として計算しているらしいことがわかる。

 次に「流通」という単語が何を意味しているのかについて。普通に考えれば「流通」=ダウンロードされたファイルの量ということになりそうだが、そうだとすると、Winny ユーザーは6時間の間に、平均ビジネスソフト3本、ゲームソフト6本、アニメ1タイトル、コミック8タイトルをダウンロードしていることになる。ありえねー (笑)

 また、「ダウンロード」を基準に算定しているのなら、調査期間の被害額から年間の被害額を算出するために、×365日×4 といったことをやりそうなものだが、上に書いたように、そのような計算をした痕跡はない。となると、むしろ、Winnybot を使用して「特定ノードが保有するファイルの一覧」から額を算定した可能性が高くなる。結局は、

公開されているファイル数 × 平均単価 × ユーザー数 = 被害額

という計算式を使ったんじゃないか。

 それってどうなのよ。Winny のユーザーが、公開されている全ファイルをダウンロードするわけじゃないだろうに。ACCS は、図書館の利用者は、図書館の本を全て読むものだとでも考えているのか。あまりに非現実的な算定方法に思えてならない。

 もっとマシな算定をしているというのであれば、上記は謝罪の上訂正します。ぜひ計算方法を公開してもらいたいものだ。

6:51 追記: そもそも、タイトル数が非現実的のような気もする。たとえばコミックについてだが、159万タイトルって、そんなに発売されてる? 過去30年間のマンガが全部 Winny 上に存在するとしても、毎月4,000冊以上の新刊が出ている計算になる。実際はその 1/10 以下だと思うから、重複の除去もしてないんじゃないかなぁ。なんというか、あまりに香ばしい感じ。


注: Winny上の著作権侵害ファイル、保有ノードのIPアドレスを特定可能に (INTERNET Watch) を参照のこと
[PR]
by kazuhooku | 2006-11-29 06:12 | 雑想
<< Firefox が日本で普及し... 社会貢献するスパマーたち >>