kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
Binary 2.0 カンファレンス雑感
 Binary 2.0 カンファレンス 2006のストリーミングがあるのを忘れて、子どもと一緒にクレヨンしんちゃんを見てたのは秘密。ともかく途中で思い出して、田中哲さんの話のあたりから見ていました。「レジスタウィンドウ love」(ぉ

 一番楽しみにしていたのは、中村実さんの「マルチコア時代の並列プログラミング」だったんだけど、おもしろかった。まあ、好きな分野の話だけにすでに知っていることもあるけど、いろいろ知らないこともあったし。IA-64 で volatile 修飾詞がついているとメモリバリアが自動的に挿入されるってのには驚き。アーキテクチャ特有の背景もあるのかなとか思った。

 いずれにせよ、ストリーミングでどこからでもカンファレンスを聴講できるとは、いい時代が来たもんだと思いました。スタッフの方々、i-revolooc.jp の方には感謝です。

 続くライトニングトークも、全部おもしろかった (ラボ含め)。g新部さんの「GNU on Binary 10.0」で、「0か1かと言われた時は『自由だ!』と応える」というのには、ヤラれました。10分たってますけど (笑)
[PR]
by kazuhooku | 2006-12-15 21:14 | 雑想
<< さようなら XML? さような... 野球選手むきの星座、むかない星座 >>