「ほっ」と。キャンペーン
kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
Web 3.0 への道 (Re: Podcastle Night)
 Wiki小話/Vol.7 - Podcastle Night。eto さんの発表で、Japanize への言及があったと聞いたので、スライドを見てみた。おもしろい&言及ありがとうございます。

 ユーザーアノテーションの初期の例が CD-DB というのは同感。Japanize を作るにあたっても、CD-DB は意識していました。ただ、CD-DB については悪影響もあったのかな、と思うのは、Wikipedian の著作権問題への神経質な部分というのは、背景に CD-DB の雄 Gracenote に裏切られたという思いがあるんじゃないのか、というところ。詳しくは、Gracenote - en.wikipedia.org あたりに書いてあるかも。

 その点も含め、集合知系のサービスをどうやってビジネス化していくのか、というのは今後の課題だと思う。もちろん Wikipedia のようにビジネス化しないという選択肢もあって、たとえば Japanize についていえば、運営コストが低いので、別にビジネス化する必然性もないんだけど。

 閑話休題。

 Podcastle がおもしろいのは、機械処理とユーザーアノテーションを組み合わせている点だと思う。Web 2.0 =CGM とか思ってる人はおかしいんですよ。人に入力させるのは手段に過ぎないんであって、機械と人間とで、どう作業分担するか、ということを考えなきゃいけないわけです。まあ、人力に頼っている Web 2.0 サービスは、いずれ廃れるんじゃないかと。Yahoo! の人力ディレクトリが Google の機械検索に負けたみたいにね。

 あと、フリガナのアノテーションについては、
<span furigana="あおい ゆう">蒼井 優</span>
でいいんじゃないかと思いました。
[PR]
by kazuhooku | 2007-01-10 15:15 | 雑想
<< Re: 「スーパー技術者争奪戦... 2007年もツンデレの年 >>