kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
Re: JASRACに「おふくろさん」を注意する権利あんの?
「著作者人格権」は、著作者だけが持っている権利(一身専属性)ですので、JASRACも著作者人格権の問題には関与できません。

著作者人格権 (jasrac.or.jp)

だから「利用許諾できない」とかいうことってそもそもできんの?

「関与でき」ないんじゃないの?

in-between days - JASRACに「おふくろさん」を注意する権利あんの?

 仮に著作者との契約上問題があるとしても作詞家の川内氏の利益には反しないし、JASRAC の行為の適法性が問題になるとしたら著作権等管理事業法に違反しているかどうか、になるんじゃないか。

 で、同法の「第十六条 著作権等管理事業者は、正当な理由がなければ、取り扱っている著作物等の利用の許諾を拒んではならない」については、今回の JASRAC の行動は当然文化庁に照会した上での判断だろうから、たぶん「正当な理由」にあたるんだろう。

 実際、管理事業法は取次のような事業形態も想定しているのだから、特定の実演家に対しては許諾しない、といったライセンス形態も合法なんじゃないかな。

 建前上 JASRAC は著作者が任意で契約することのできる管理事業者のひとつにすぎない以上、問題は JASRAC がどうあるべきかではなく、著作者人格権がどのようにあるべきか、という立法論なんだと思った。

注: 契約を変更するには文化庁への届出が必要 (管理事業法と仲介業務法の比較)
[PR]
by kazuhooku | 2007-03-08 22:23 | ニュース
<< Wikipediaは百科事典で... 「実名インターネット=住所公開... >>