kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
学校では教えてくれない気恥ずかしい英語 #1
 今日 YAPC で何人かの方から「せっかく Mylingual で英語化したのに、livedoor Reader の英語版がリリースされるのは残念だね」といったことを言われた。思いやっていただけるのはとてもありがたいですが、個人的にはちっとも残念に思っていません。それは、livedoor Reader の英語化が is a benefit for the greater good だからです。

 "for the greater good" は、NGO 活動や寄付といった行為について語る際に、しばしば使われる言葉です。「多くの人の幸せのために」とでも訳せばいいのでしょうか。日本語で対応する単語は何になるんだろう。日本人が恥ずかしがりやさんなのかエコノミック・アニマルだからなのか、あまり聞かない気がします。

 とにかく JapanizeMylingual はそういう企業の経済活動を補完する類のものだと思っているので、livedoor 自身が英語化するのであれば、それがより望ましいだろうということ。

 むしろ、英語化された LDR を、さらにフランス語化したりスペイン語化したりなんかすると、おもしろいんじゃないかな。

 なお、「学校では教えてくれない気恥ずかしい英語」続編の予定はございません。
[PR]
by kazuhooku | 2007-04-06 05:18 | サイボウズ・ラボ
<< プライバシーなんて必要悪 インド人から見た「イノベーション」 >>