kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
温暖化対策に貢献して牛を食べようって...
 via: スラッシュドット ジャパン | CO2削減に取り組んだらビッグマック半額……で環境省サイトダウン

 CO2が減ってもメタンガスが増えるんじゃ、下手すると逆効果なんじゃないの? むしろ、「私は牛を食べません」という目標を設定すべきなんじゃないかと思ったw いずれにせよ、定量的な説明がみたい。オーマイニュースの記者さんとか、突撃取材してくれないかなぁ。

以下参考。

 ニュージーランドの場合、メタンガスは国全体から排出される温室効果ガスの43%を占めると試算されており、そのほとんどすべての発生源となるのが国内で飼育されている4000万頭の羊と1000万頭の牛だ。フランスでは、国中から排出されるメタンガスの15%が家畜の羊や牛から出ている。
温室効果ガス「羊のげっぷ」を減らすには


メタンは強力な温室効果ガスでもあり、同量の二酸化炭素の21倍の温室効果をもたらすと言われている。
メタン - Wikipedia

[PR]
by kazuhooku | 2007-09-07 07:41 | ニュース
<< アセンブラは遠くになりにけり 津田大介氏の二択問題 >>