「ほっ」と。キャンペーン
kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
「グローバルなビジネス展開を」とかいうベンチャーってどうよ
 国内市場じゃ成長が頭打ちだ、というくらいの大企業でない限り、グローバルにビジネスを展開しようとすることにメリットなんてない。それよりは、海外のものを日本市場むけに模倣して売るほうが利得が高いに決まってるじゃん。

 これは企業を個人に置き換えたって同じ話で、海外で仕事をするとしても、真にグローバルな仕事よりは、日本の製品や資金を海外に出す仕事をするか、あるいは海外にいて日本をむいた仕事をするほうが、人材の需要と供給のバランスを考えると有利になるケースが多いはず。梅田望夫さんなんかは、このいい例なんじゃないかな。

 話をベンチャーに戻すと、もちろん日本国内の優秀な人材を集めれば、いきなりグローバル市場で (技術的には) 勝負できると思う。でも、ベンチャーを構成する各個人にとっては、そういう仕事から期待できる利得は、上で書いたように他のモデルの期待値よりも低いわけで、そういう非合理的な選択をする集団には、すぐれた企業経営のセンスは望み薄なんじゃないかと思う。あるいはそういう非合理的な技術者の思いを上手に使える経営者がついていればいいのかもしれないけど、金儲けが好きな人にとっては、非合理的な夢をもつ技術者と組むよりも彼らを食い物にするほうが... (ry

 すでに成功した人が、自己資金で夢を追うのは別にその人の勝手だと思うけど。

参考: 国内ベンチャーの海外進出ってどうなの?:CNET Japan オンラインパネルディスカッション - CNET Japan
[PR]
by kazuhooku | 2008-02-27 04:23 | 雑想
<< Captcha の次にくるもの 初音ミクという権力装置 >>