kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
mixi の OpenID 対応に見る、そのソーシャルグラフの変質
 もともと mixi のソーシャルグラフ (マイミク関係のこと) は、1) 双方向、かつ 2) mixi の会員のみに公開されるもの、だった。それが、今回の OpenID 対応 (速報、1500万人が使える mixi OpenID の技術面を解説するでござるの巻 - Yet Another Hackadelic, 他) で少し変わったんじゃないかな、と個人的には思っている。

 それは、マイミク関係の片方の当事者の意志のみで、mixi 外にその関係性を公開できるようになった、という点。

 実際のところ、千数百万人もユーザーがいるサービスにおいて、サービス内公開と一般公開の差はないだろうし、API を通じて情報を集めるくらいならスクレイピングの方が効率的なわけで、なんら問題ではないんだけど。

 ただ、自分にとっては、mixi 会員であること、あるいは、マイミク関係のもつ意味、というのの変化を改めて振り返るいい機会になった。

注: OpenID の Relying Party は mixi 会員である必要もないし、mixi との間になんらかの契約を結ぶこともない (自分はそれでいいと思います。参照: mixi Developer Center » ガイドライン)
[PR]
by kazuhooku | 2008-08-21 20:13 | 雑想
<< Google Chrome の... オープンソース≠「バザール」 >>