「ほっ」と。キャンペーン
kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
カテゴリ:雑想( 93 )
インターネットとオープンソースとエンドユーザー開発
 昨日は初めてお目にかかる方も結構いらして、自分の立ち位置を改めて見直す機会になりました。行ってよかった。ありがとうございます。で、見直しながら思ったこと。

 オープンソースの隆盛は、ソフトウェア産業外への競争点の移転であるってのは、「Data is the Next Intel Inside」という O'Reilly のフレーズによっても明らかだと思うけど、ソフトウェア産業が成熟期に入ったため、という説明についての納得度はどうなんだろう。成熟したソフトウェア企業の売上構成は、製品の販売からサポートへシフトしていくというのは「ソフトウェア企業の競争戦略」(クスマノ) とかに出てくる話だけど、製品自体からお金を取らないオープンソースモデルの一般化 (しているかはさておき) というのは、つまり産業が成熟したということ (あるいはそれを先取りしようとする動き) だという見方も当然なりたつんだろうと。そのあたりをちゃんと分析した本はないのかな注1

 オープンソースが流行ったのは、いかにソフトウェアの製造原価が安いとは言え、インターネットによって流通コストが下がったという点を忘れてはいけないだろう (書籍と比較して考えればいいのかな) 。一方で、blogosphere (とか Wikipedia) と比べるとソフトウェア開発の間口はなかなか狭くて、アマチュアからアルファプログラマーになる人がいっぱい出てきて、職業としてのプログラマはもうダメぽ的な雰囲気には、(マスメディア vs. ブロガーの対比とは異なり) 話としてすらなかなか出てきそうもないわけであり。

 逆に、そこが新たなサービスを展開するチャンスだ、と捉えるのであれば、End-user Development を可能にするようなウェブサービスとしてどのようなものが考えられるか、という話になる。新しい流通構造に即した配布チャンネルを作り、そこにエンドユーザーを開発者として呼び込むようなJapanize は、そこがおもしろいと思ってやっているわけですが、AutoPagerizeYahoo! Pipes なんかは EUD の仲間になるんだろうか。あるいは、ブログパーツなんかも広義の EUD になるのかな注2

 ウェブ上でのエンドユーザー開発については、カンファレンスが開かれてしかるべき、と他人事のように言ってみる。

参考: 「伝説の焼肉」 - すぎゃーんメモ, 伝説の焼肉に行ってきた:さむしんぐにゅぅ

注1: そういえば最近 Report: Pure Open Source No Longer a Viable Business Model - ReadWriteWeb なんて話も
注2: その点、Greasemetal は作っていて、プログラム (userscript) の配布形態が古くさい感がなきにしもあらず

[PR]
by kazuhooku | 2008-10-16 16:16 | 雑想
Google Chrome の目指すところ
 Google Chrome の実行環境の本命は携帯電話なのかなぁ。

 Google は携帯電話市場が (Google にとって) 標準化されオープンになることを期待しているし (例: Android) 、一方で現状、オープンソース (かつ高機能) の携帯電話向けウェブブラウザは存在しないし。

 だったら、自分たちで作るか → 当然ウェブサービス開発用に PC 上でも動くようにするよね → だったらそれも公開すればいいじゃん、みたいな。

 ということを、Google Chrome の JavaScript 実行エンジン V8 の対応環境に ARM が含まれているのを見て思った (Introduction - Google V8 JavaScript Engine - Google Code)。Mozilla (Gecko) あたりと比べると Safari (WebKit) が携帯電話に向いている設計であることは iPhone の例を持ち出すまでもなく明らかだし。
[PR]
by kazuhooku | 2008-09-03 07:48 | 雑想
mixi の OpenID 対応に見る、そのソーシャルグラフの変質
 もともと mixi のソーシャルグラフ (マイミク関係のこと) は、1) 双方向、かつ 2) mixi の会員のみに公開されるもの、だった。それが、今回の OpenID 対応 (速報、1500万人が使える mixi OpenID の技術面を解説するでござるの巻 - Yet Another Hackadelic, 他) で少し変わったんじゃないかな、と個人的には思っている。

 それは、マイミク関係の片方の当事者の意志のみで、mixi 外にその関係性を公開できるようになった、という点。

 実際のところ、千数百万人もユーザーがいるサービスにおいて、サービス内公開と一般公開の差はないだろうし、API を通じて情報を集めるくらいならスクレイピングの方が効率的なわけで、なんら問題ではないんだけど。

 ただ、自分にとっては、mixi 会員であること、あるいは、マイミク関係のもつ意味、というのの変化を改めて振り返るいい機会になった。

注: OpenID の Relying Party は mixi 会員である必要もないし、mixi との間になんらかの契約を結ぶこともない (自分はそれでいいと思います。参照: mixi Developer Center » ガイドライン)
[PR]
by kazuhooku | 2008-08-21 20:13 | 雑想
オープンソース≠「バザール」
 よくある誤解のように思いますが。正しい理解は、

 この論文ではまず、大成功したフリーソフト/オープンソースプロジェクト fetchmail を分析する。このソフトは、Linux の歴史から導かれる、ソフト工学についての意外な理論を試すという意図で実施されたプロジェクトである。本論ではその理論を、二種類の根本的にちがった開発スタイルという形で論じている。一つは FSF やそのまねっ子たちの「伽藍」モデルで、それに対するのが Linux 界の「バザール」モデルだ。
伽藍とバザール (Eric S. Raymond, 山形浩生訳)

ということ。

8/21 追記: ESR の言い分だけを鵜呑みにすべきと言うつもりもないけど、Open Tech Press | NetBSDの将来あたりもあわせて読むとおもしろいかと。
[PR]
by kazuhooku | 2008-08-20 16:33 | 雑想
泥カンについて
 「泥のように働く」って、こういうことですよね。


[PR]
by kazuhooku | 2008-07-16 17:03 | 雑想
asahi.com のデザインリニューアルは失敗だったのか
 同僚の id:ZIGOROu さんが パストラックで定点観測 - 毎日jp編 - - Yet Another Hackadelic というエントリを書いていて、Pathtraq の収集した四大紙のウェブサイトのページビューの遷移を比較しています。


そのグラフを見て面白いな、と思ったのは、6月中旬以降 asahi.com のページビューが低下している件。デザインリニューアルがあったのが6月9日だったので、それが原因なのかなぁ。

 となると、少なくともページビューという基準からは、asahi.com のリニューアルは失敗だった、ということになる。Pathtraq のグラフからはこんなことも読み取れますよという話。
[PR]
by kazuhooku | 2008-07-09 12:43 | 雑想
メモ: 最近の4半期決算 (億ドル)
exblog はテーブルタグが使えなくなったっぽいので、メモ: 最近の4半期決算 (億ドル) - id:kazuhookuのメモ置き場 へ移動。exblog やめようかな。

超テキトーに外挿してるので、あくまでも規模感をつかむために。

売上利益Google5113Amazon411.1eBay214.6Yahoo!185ヤフー225Mixi62.3Apple757.7DELL1607.8IBM24523HP28322Microsoft16364SUN32-0.3電通420.7

[PR]
by kazuhooku | 2008-06-06 12:21 | 雑想
世界地図とローカリゼーション
進行中の事象だし、フレーム化すべき問題だとは思わないので、とりあえず一般論として。

国際的なサービスで、世界共通の地図を使うと、「そこはオレの国の領土だ」的なフレームが発生するってのはよくある話。

参考: Google: xbox 竹島

まあこの参考例は地名なんでさらにややこしいけど、たぶん炎上可能性っていう意味では次の3要件をどれだけ満たすか、ってあたりが問題になるんじゃないかな。

1. 複数の国家による領有権の主張が行われているか
2. 地図上の区分は実行支配国と一致しているか
3. 問題の地域に居住者がいるか

今回 (対馬が韓国になってる) について言うと、1 が微妙で 2 が間違っていて、なおかつ実際に居住者が多数いる (3) ので、あーやばいなーって思う。日本法人で苦情は受けるけど自分たちでは直せないとか、中の人は明らかに大変そう。帰ってフテ寝ちゃえとか思うけどそういうわけにもいかないんだろうなぁ。

でまあ、そのあたりの経緯を眺めてると、南千島がロシア領と表示されていることに絡んで、そもそも世界中が納得できる地図なんてあるのかっていう話も出ているわけで。それは結局、2 が満たされているのであれば、1 とは違っていてもしょうがないよね、と納得できるか否かというとあたりなんだろう。

個人的には実効支配の状況を反映していれば、それはそれでひとつのスタンスとしてアリだろとか思うんだけどどうなんでしょうね。今回の地図には小さすぎて出てないけど、スプラトリーとかだとやばいんでしょうか。

でも世界地図もローカライズしなきゃいけないなんて面倒ですよねぇ。
[PR]
by kazuhooku | 2008-05-29 23:16 | 雑想
REST と Web API
re masuidrive on rails - RESTはWebAPIの代わりにはならない

 REST と Web API ってレイヤ違うよね。REST は HTTP の使用哲学とでも言うべきであって、HTTP の上に構築される何かじゃないし。元の記事に異論があるわけでは全然ないけど、「RESTはWebAPIの代わりにはならない」というタイトルを見た瞬間は「HTTPではハイパーテキストは実現されない」(HTTP は HTML じゃないから) みたいな違和感を覚えた。まあタイトルに釣られて読んだわけだから、むしろ正しいのかもw
[PR]
by kazuhooku | 2008-04-16 17:13 | 雑想
エイジ・オブ・アクセスと「学習の高速道路」について
一億円っていくら何でも安くね、というお話。

よく知られているとおり、レンタルCDなどに関しては、すでにJASRACが同様のことをやっている。その両立や再配分率などは議論の余地があるところもあるのだろうけど、少なくとも仕組みはすでにある。

なぜ同様のことを書籍でやってこなかったかが私にはむしろ不思議に思えるのだけど。

404 Blog Not Found:ブックオフが著作者に支払うべき金額

 そもそも貸与と譲渡をごちゃまぜにして論じている時点でどうかというのはさておき注1、ここでは本の貸与権について。

 書籍の貸与に課金するとなると、図書館はどうなるんでしょう? 誰もが無料で使える図書館、というものが (少なくとも建前としては) 知識が共有物であることを保障していたわけであり。所有からアクセス権を重視するように社会が変化してきているという現状認識注2にはあまり異論はないけれども、あらゆる知に課金しようなんて横暴にすぎると思う注3。そして、知識へのアクセスに対する課金は、機会均等性だけでなく、社会全体の生産性にも影響する。

 梅田望夫が何故インターネットを指して「学習の高速道路」と呼んだか、それは、インターネットによって、あふれんばかりの情報にユーザーが自由にアクセスし、取捨選択できるようになったから。そして、それがとても効率的だ、ということ。このように考えれば、知識へのアクセスに課金するという発想が、いかに後ろ向きなものかよくわかる。

 自分は、知識は人類全体の共有財産であって、著作料ってのは共有財産を増やすためのインセンティブに過ぎない、と考えるし、著作収入の最大化が自己目的化するのはおかしいんじゃないか注4

 そもそも、現状では BOOK OFF 側に支払い義務はないわけだし、金額が適正かどうか以前に、まず、なぜ支払うべきなのか (あるいは支払うべきでないのか) を論じてほしいと思った。

注1: 出版物貸与権管理センター - Wikipedia このへんも参照
注2: エイジ・オブ・アクセス—アクセスの時代
注3: 図書館へのフリーアクセスを制限しない形式であれば公共貸与権に対する補償はあってもいいんじゃないか (参照: 図書館と公共貸与権)
注4: 「オレは売文業者だからオレの書くものには娯楽以上の価値は一ミリもありませんから」って言うなら話は別かもね☆

[PR]
by kazuhooku | 2008-04-04 15:40 | 雑想