kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
<   2005年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧
誰がための著作権譲渡か
[- 神か悪魔か - GNU の見えざる手 : 目次]
この記事は、「神か悪魔か - GNU の見えざる手」の一部です。他のエントリとあわせてお読みください。


予告:本論は追記・訂正・取下を検討中です

 あまり知られていないことだが、FSF は、運営しているオープンソース開発プロジェクトにソースコードを提供する作者に対し、著作権の譲渡を要求している。その理由について、 FSF は、「GPLの権利を最も効果的に行使できるようにするため」と説明している。 (「なぜFSFは貢献者に著作権の譲渡をお願いしているのか」)

 そもそも、著作権譲渡が必要なのか。目に余るライセンス違反が発生したのなら、複数の著作権者が合同で提訴すればよい。FSF が支援すれば、原告としての負担は、さほど大きいものにならないだろう。それが自然な形だと、僕は思う。

 まあ、FSF が言うのだから、譲渡したってかまわないのかもしれない。気持ち悪いけれど、それで権利が守られるのなら。

 でも、本当に権利は守られるのか? ここでは、GNU プロジェクトを代表するソフトウェア GCC の開発者メーリングリストに投稿された著作権譲渡契約を見てみたい。 (情報ありがとうございます > maki さん)

   The Foundation promises that all distribution of the Work, or of any work "based on the Work", that takes place under the control of the Foundation or its assignees, shall be on terms that explicitly and perpetually permit anyone possessing a copy of the work to which the terms apply, and possessing accurate notice of these terms, to redistribute copies of the work to anyone on the same terms. These terms shall not restrict which members of the public copies may be distributed to. These terms shall not require a member of the public to pay any royalty to the Foundation or to anyone else for any permitted use of the work they apply to, or to communicate with the Foundation or its agents in any way either when redistribution is performed or on any other occasion.

http://sources.redhat.com/ml/binutils/1999-q3/msg00534.html より、一部抜粋
 これだけである。

 GNU のライセンスの特徴は、改変の公開を強制するという点にあったはずだ。しかし、そのような規定は、この著作権譲渡契約には存在しない。FSF は、譲渡されたソフトウェアを BSD ライセンスで配布することさえ可能なのである。「GPLの権利を最も効果的に行使できるようにするため」と称して著作権譲渡を要求しておきながら、このような契約を要求するのは、意図的でないとしても、あまりに軽率であり、過去にさかのぼって修正すべきだ。もし意図的ならば、それは詐欺である。

 著作権譲渡がなければ、全著作権者の同意なくしてソフトウェアのライセンスが変更されることはありえない。譲渡が行われるがゆえに、FSF によるライセンス変更が可能になるのである。

 FSF は、開発者の権利を守ると言いながら、むしろ権利を奪っているのではないか?

注: FSF は、著作権譲渡契約を一般に公開することはしていない。しかし、Copyright Papers - Information For Maintainers of GNU Software を見ても、統一契約書の類が存在するようである。
[PR]
by kazuhooku | 2005-01-17 22:34 | GNU
正式公開
お気に入りナビを正式公開しました。下のアイコンをクリックしてダウンロード可能です。


[PR]
by kazuhooku | 2005-01-17 10:30 | RSS & お気に入りナビ
お気に入りナビ 正式リリースの告知
 突然アクセスが増えたと思ったら、やじうま Watch で紹介されていました。びっくり。

 いい機会なので、 RSS リーダー「お気に入りナビ」の正式リリース日時を告知させていただきます。

お気に入りナビの正式版は、 2005/1/17 (来週月曜日) に公開予定です。
リリースの際は、本ブログでも改めてアナウンスいたしますので、よろしくお願いいたします。

2005/1/17 追記: 公開しました。
http://www.mobirus.com/products/fnav/ よりダウンロード可能です。


お気に入りナビとは:

 お気に入りナビは、 Internet Explorer に組み込まれる RSS リーダーです。
 ニュースサイトやブログの更新通知を Internet Explorer で受信することができます。お気に入りナビを使用することで、ニュースのチェックし忘れや、見に行ったけど更新されていない、といった不便さから開放されます。


お気に入りナビ 画面写真


 現在、本ブログでアルファバージョンを先行公開しております。興味をお持ちの方は、こちらをご覧ください。 (リンク)
[PR]
by kazuhooku | 2005-01-11 20:08 | RSS & お気に入りナビ
未踏プロジェクトについて
 去年の6月から、IPA の未踏ソフトウェア創造事業からお金をいただいて「ウェブアプリケーション (Apache/Perl) 統合開発環境の開発」をやっている。この事業は、 PM (プロジェクトマネージャー) と呼ばれる管理者ごとに採択、運営が行われるのが特徴だ。僕が所属しているのは酒井 PM で、同 PM の下には僕のプロジェクトもあわせ、2004 年度第1期採択、2004 年度第2期採択、それぞれが3プロジェクトずつ、計6プロジェクトが存在する。2004/12/19 に PM 管理下のプロジェクトについて報告会が行われたのだが、プロジェクトのひとつ、風博士の人たちがブログに感想を書いている。 (お布団 - 「未踏の成果報告会」, 暇つぶし日記 - 「未踏の成果報告会」)

 それらについて、コメントをいくつか。


 まず、暇つぶし日記さんのほうから。

で、今度は次の未踏参加者の方々の説明を受ける。発表をしては従来の参加者のかたからツッコミをうけるんだけど、なんか、ちょっと言いすぎたかも。っていうか、俺、すごい偉そうだった
僕も、偉そうだったと思います。その後の食事会も含めて。反省中...

 次に、双方で触れられている点について。

総じて感想を持ったのが、酒井PMの公募方針が「オープンソースで云々」ということなのだけど、集まったプロジェクトが、オープンソースであるメリットをあまり持ってない気がしました。
 僕のプロジェクトについては、そういう批判もありかと思います (他については論じません) 。僕のプロジェクトでは、(成果物をオープンソースにするのは当然ですが) 開発過程や開発手法はオープンソース的ではありません。

 ただ、お布団さんの、

「オープンソース(に関連すること)」であるのは、「金がもらえる」、つまり採択されやすそうなPMに応募しようとした結果なだけであるような気がしてます。
 については、明確に反論します。僕のプロジェクトでは、今回、酒井 PM と加藤 PM の双方に応募しましたが、(成果物の公開方法を規定していない) 加藤 PM への提案書においても、成果物をオープンソースで公開することを述べています。したがって、この批判はあたりません。

 また、
だいたいからして、あそこに来てた人の中にオープンソースプロダクトにパッチを送ったことのある人はいないでしょう、おそらく。
についても、反論します。

 まず、一般論として。過去の貢献の有無をもって今後の意志を否定するのは不当だと思います。誰にも始まりはあるものです。未踏ソフトウェアが、最初のオープンソースプロダクトじゃダメなのですか?

 次に、僕個人について。僕は、基本的に商業ソフト側の人間ですが、それでもパッチをコミットしたことはあります (SourceForge.net へのリンク) 。
 また、会社で業務として開発したソフトウェアについても、オープンソースで公開しようとしたりもしています。 (XMLBind) 。まあ、公開しただけでほったらかしだったりするので、えらそうなことは言えませんが、赤紫蘇・忍坂ことはじめ をみても、まったく貢献していないわけではなさそうです。


 反論している暇があるなら、未踏のコードを書けとか、他のコードを書けとか、GPL 批判はどうしたとか、家族サービスをすべきとか、いろいろあるのだが、勢いにまかせて書かせていただく。
[PR]
by kazuhooku | 2005-01-10 17:35 | 未踏プロジェクト
Blog Explorer
 昨年末、ブログをサイト単位じゃなく記事単位で追えないか、という話がR30::マーケティング社会時評「【ヲチ中】ブログ整理ツール」 あたりを発端に盛り上がっていた。 (以前あった話だという指摘も)

 その結実として、Blog Explorer なんてソフトが出現している。ただ、このソフト、クライアント版なのである。
 過去にも書いたように、僕はウェブ型の RSS リーダーには批判的である。でも、このソフトに限っては、ウェブ型になりませんか?
 各ブログエントリのサイドバーに IFRAME で表示できたりしたら、かっこいいと思うんですけど... (話題の盛り上がり度を☆で表示したり、関連記事をリンクしたり)
[PR]
by kazuhooku | 2005-01-09 15:31 | RSS & お気に入りナビ
サイトアイコンじゃダメなの? (ブログタイトルの短縮表記)
 先のエントリは僕の暴走だった模様。

 参考: Tokulog! - サイトの短縮表現が局所的に大ブーム

 で、しくしくしてるうちに、目的をタブブラウザでの識別におくなら、サイトのアイコンを設定したほうがいいんじゃないかという反論を思いつきました (笑)

 でも、サーチエンジンでアイコン表示してくれるところは、なさそう。キレイでいいと思うのに、どうして?

 やっぱり、タイトルにつけるのが無難なのかな。

2005/1/12 追記:
 上に「暴走」と書いているのは、 RSS に省略表記を追加している人は (ほぼ) ゼロだという、 Tokulog! 氏の指摘を受けてです。
 RSS リーダーに省略表記を埋め込むのは反対です。その立場は変わりません。どう考えているかについては、先のエントリ:「ブログタイトルの短縮表記に反対」をご覧ください。
[PR]
by kazuhooku | 2005-01-09 14:54 | RSS & お気に入りナビ
ブログタイトルの短縮表記に反対
 GNU の話題からちょっと脱線。

 GNU の話題を紹介してくれた「R30::マーケティング社会時評」で知ったのだが、ネタフルを発祥に、ブログタイトルの頭に、サイト名の短縮表記をつけるのが「局所的に大ブーム」らしい。

 ちょっと待って!

 RSS リーダーで配信する記事タイトルに、サイト名の短縮表記をつけるのは、やめてください。

 RSS リーダーの表示形式は、ふたつに大別できる。ひとつめは、サイト毎に記事をグルーピングして表示する形式 (サイト毎表示)。ふたつめは、(掲載サイトに関係なく) 更新日時順に記事を表示する形式 (更新順表示)。
 たぶん... ほんとは、単に拙作の RSS リーダー「お気に入りナビ」の表示形式を述べただけです (汗

 RSS リーダーで配信する記事タイトルにサイト名の短縮表記をつけたいというのは、更新順表示において記事名のみ表示されてサイト名が表示されない、という問題なんだと思う。


サイト名がついた!

 でも、単純に記事タイトルにサイト名をつけてしまうと、今度はサイト毎表示の場合に問題が起こってしまう。


余計なのがついてしまった...

 これは、技術的な解決が必要な問題です。具体的に言うなら、RSS にタイトルの短縮表記を追加すれば良い。

 たとえば、

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<rdf:RDF
    xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
    xmlns:abbrev="http://www.mobirus.com/xmlns/abbrev-ns#"
    ...>
  <channel rdf:about="http://shinta.tea-nifty.com/nikki/">
    <title>R30::マーケティング社会時評</title>
    <abbrev:title>R30</abbrev:title>
    <link>http://shinta.tea-nifty.com/nikki/</link>
...
(赤色部分を追加)

なんてのはどうだろう? それとも、既に存在するんでしょうか?

 「R30::マーケティング社会時評」をネタにして申し訳ないが、アルファブロガー候補の有名税として、笑って許していただけるものと期待している。 

21:00 追記:
 誤解を与えてしまっているようですが、上記は RSS にサイトタイトルの省略表記を埋め込むにはどうしたらいいのか、という仕様検討の話です。
 上記仕様を実装したアプリケーションは現時点で存在しません
 上記の機能の実現を希望する人は、使用している RSS リーダーの作者の方に、このような提案が行われていることを紹介していただけるといいのかもしれません。

2005/1/11 追記:
 ここで紹介させていたいているお気に入りナビのリリースが 2005/1/17 (来週月曜日) に決定しました。くわしくは、「お気に入りナビ 正式リリースの告知」をご覧ください。
[PR]
by kazuhooku | 2005-01-08 17:50 | RSS & お気に入りナビ
特許条項の標的は誰なのか?
[- 神か悪魔か - GNU の見えざる手 : 目次]
この記事は、「神か悪魔か - GNU の見えざる手」の一部です。他のエントリとあわせてお読みください。


 先の記事「GPL は独禁法違反となるのか」で、 ACCESS を例にあげて組み込み系 ISV に対する影響を論じた。
 しかし、特許条項の標的はもっと大きい。狙いは Amazon, ebay, Google, Yahoo! といった、インターネットを代表する企業群にも定められている。
 これらの企業は、いずれも GPL ソフトウェアを使用して自社のサービスを築き挙げている。しかし、 GPL の規定では、社内使用目的に GPL ソフトウェアを改変しても、それを公開する必要はない。いわゆる「ASP ループホール」である。彼らに対しては、オープンソースにただ乗りしている「フリーライダー」だという批判があり、前回の GPL 改訂の企てはこれらの企業を対象にしたものだった。

 この点は、前回訳した Linus のメール、(2000 年当時の) 来るべき GPL v3 を紹介するNewsForge の記事 (ASP ループホールについても解説してあります) 、現在進行形の話題として Krzysztof Kowalczyk weblog の Google に対するフリーライダー批判「Google - we take it all, give nothing back.」あたりが面白いと思う。

 今回の GPL 改定は、前回と比較するとおとなしいように感じられる。eWeek の記事を見ても、知的財産権とソフトウェア特許に狙いをしぼっているということになっている。知財権にかかわる部分を修正するのは、SCO の問題があるからだ。SCO 対策なら、皆が賛成する。ソフトウェア特許といって普通イメージされるのは、Intertrust や Eolas の訴訟といったあたりである。これらの訴訟で原告を支持した人がいたか。あるいは、マイクロソフトが Linux の特許侵害の可能性について不安をあおったニュース。オープンソースとかかわりのあるほとんどの人は反発を覚えただろう。知財権問題・ソフトウェア特許には、ネガティブなイメージが定着している。

 そのためか、今回の改訂については前回ほどの騒ぎにはなっていない。

 しかし、影響はウェブ企業にも及ぶ。たとえば、今年、Google と Yahoo! の間で争われた特許訴訟の和解額は、3億ドル近くに上る (ITMedia の記事)。つけくわえておくなら、一般にウェブ企業はソフトウェア企業よりも特許の行使に熱心である。

 GNU は、あきらめていない。

2005/1/10 追記:

 Google vs. Yahoo! のような企業間の特許係争にどう影響が加わるのか、具体論が抜けていたので補足する。

 この場合の議論は、他社からの特許訴訟を避ける手段として GPL ソフトウェアの開発・拡張・公開が行われた場合、どうなるのか、というものである。

 他社から特許侵害で警告された場合に自社のソフトウェアを GPL 化して公開をするといったレベルでは、被告が勝訴することはないだろう。しかし、一見、利益関係のない第三者が特許技術を GPL 化した場合にはどうか。あるいは、GPL 化が特許の開示以前に行われていたら?

 こんなことも可能かもしれない。大手企業の将来有望な技術要素を見つけたら、とりあえず GPL ソフトとして公開しておく。実用的なレベルに達していない方がいいです。で、特許訴訟が起こってから、その GPL ソフトを大々的に拡張する。その際には、株の空売りを行う。

 GPL v3 が公開されるまで、正確な議論はできない。
 しかし、対特許条項の有効性と悪用の排除が、いかに両立の難しいものであるかは明らかにできていると思う。

 なお、繰り返しになりますが、僕は法律の専門家ではありません。詳しい影響については、専門家に相談することをお勧めします。

[目次へ戻る]
[PR]
by kazuhooku | 2005-01-07 23:55 | GNU
- 神か悪魔か - GNU の見えざる手 (目次)
連載の目次:

1. GPL v3 (対特許ウィルス) (2005/1/2 記載)

 次期バージョンの GPL が検討されていること。ライセンシーの特許行使を制限する条項の追加が検討されていること。全ての GNU ソフトウェアをカバーする特許のクロスライセンス条項を主張している有力者もいること、について述べている。

2. GPL は独禁法違反となるのか (2005/1/4 記載; 1/7 追記)

 全ての GNU ソフトウェアをカバーする特許のクロスライセンス条項が GPL に追加された場合に、独禁法に違反するか論じている。また、同条項が追加された場合の影響について論じている。

3. オープンソースの支配者 (ライセンスに潜む危険) (2005/1/5 記載)

 前2項を具体例として受ける形で、 GPL で一般的な「バージョン2以降」というライセンス手法に異を唱えている。(CPL や MPL の同様の問題についても指摘している)

4. FSF は、あとになってこそこそするな - Linus Torvalds (2005/1/6 記載)

 Linux カーネル (Linux の中核部) の作者である Linus Torvalds のメールを紹介している。同メールでは、彼が FSF (GPL の管理団体) の運営手法を非難し、なぜ Linux カーネルのライセンスとして「バージョン2のみ」という指定をしたのか説明している。

5. 特許条項の標的は誰なのか? (2005/1/7 記載; 1/10 追記)

 特許条項から打撃を受ける企業として、 Amazon, ebay, Google, Yahoo! といったウェブ企業を挙げている。

6. 誰がための著作権譲渡か (2005/1/17 記載)

 GNU (FSF) が、第3者の貢献 (コードの追加) に対し著作権を譲渡するよう求めている点について、問題を指摘している。

7. FSF は、どうあるべきか (2005/1/26 記載)

 FSF のあるべき姿について論じている。

8. ライセンスが変化するということ (2005/1/31 記載 NEW!)

 1. ライセンスが変化するということの意味は、周知の事実なのか
 2. GPL FAQ の説明は的確なのか
 3. GPL バージョン変化の隠された意味

9. 権力集中の危険性 (2005/1/31 記載 NEW!)

 FSF に権力が集中していること、また、それがなぜ問題なのか論じている。

10. 誰がための著作権譲渡か (その 2) (2005/2/1 記載 NEW!)

 著作権譲渡契約と FSF が破産する可能性について論じている。



参照:

 見直しがすすむGPL (CNET Japan; 2005/1/25NEW!)
 t.ikawa 氏のコメント: 危険なのは「特許条項」一般ではない (2005/1/25NEW!)



 最初は冬休みの軽い宿題程度に思っていたのだが、いろいろネタが出てきて終わりません。話の流れが追いにくくなってきているので、目次をつくることにしました。

 もう会社は始業しているので、更新ペースが遅くなるかもしれませんがよろしくお願いします。

2005/1/28 追記:
 この目次ページについては、取り消し線を入れずに削除して変更を行っています。
ただ、「マイクロソフトの主張は FUD なのか?」といったん予定に書いておいて消すなんて卑怯だ、等の批判があるようでしたら、コメントで指摘していただけますか? その場合は、ちゃんと書きます。
[PR]
by kazuhooku | 2005-01-07 13:18 | GNU
FSF は、あとになってこそこそするな - Linus Torvalds
[- 神か悪魔か - GNU の見えざる手 : 目次]
この記事は、「神か悪魔か - GNU の見えざる手」の一部です。他のエントリとあわせてお読みください。

From: Linus Torvalds (torvalds@transmeta.com)
Date: Tue Aug 13 2002 - 11:51:45 EST

On Tue, 13 Aug 2002, Rob Landey wrote:
>
> 前回私がこの問題を注意してみたとき、ストールマンはアプリケーション・サービ
> ス・プロバイダを標的にした、とても大きな変更を伴う GPL 3.0 をリリースしよう
> としていた。この試みは(ASP ビジネスモデルと同様)消え去ったようだが、特許
> 問題は解決されないまま残っている。

 少なくとも、ひとつの問題は、まさに FSF の政治的画策にある。だから、(僕だけでなく)多くの人が、そんな GPL の新しいバージョンを信頼していないのだ。前回の改定の検討は暗い秘密の部屋で行われ、僕がその件を耳にしたのは、どの ML からでもなく、密告者が内部にいたからだった。

 そのこそこそとしたやり口を目の当たりにして、FSF に抱いていた尊敬の念はすっかり失せてしまった。

 Linux カーネルには、カーネルは付属する「GPL v2」の特定のバージョンに従うと、明確に記述してある。その理由は、まさに、第三者に政治的問題を持ち込まれるのがイヤだからだ。(「バージョン2」は「バージョン 2.1」を含むと曲解できないようにしたと自信を持っている)

 また、ライセンスとは双務的な関係である。既存のライセンスを法律的な技術上の問題がある以外の理由で変更するというのは、倫理的に正しくないことだと思う。古い GPL を採用し、その古い GPL に合意した人々を利用して GPL を拡張したいと多くの人が考えているようだが、僕はこれが大嫌いだ。(古い GPL を採用し合意した)人々は、必ずしも新しいものに合意したわけではない。

 結局、この話が持ち上がるたびに、僕は新しく出現する可能性のあるあらゆる「特許 GPL」について、それを新規のライセンスとし、既存の成果にたかることのないようお願いしている。それを「GPL」にしないでください。「General PublicPatent License」の GPPL にでもしてくれ。そして、それ自身の長所を認めた人に採用させるべきで、「おまえたちのためにこう決定するとFSFが片務的に決めた」からといった理由で採用されるものではない。

 僕は特許が好きじゃない。しかし、他人のコードを政治的画策につかうやつらには心の底から憎しみを覚える。正々堂々としろ、あとになってこそこそするな。


    Linus
(原文はこちら)


 一連のエントリで GPL 改変と、それに伴う影響について論じてきたが、先のエントリを書いたあとで、 Linux は GPL v2 に固定されているということを知った。なぜ Linus がそうしたのか、調べてみて発見したのが上のメール。

 Linux カーネルの作者 Linus Torvalds その人による、 FSF 批判である。あまり知られていないと思う (少なくとも僕は読んだことがなかった) ので、ここに紹介する。

 なお、訳に関しては正確を心がけたが、僕の立場によるバイアスが入っているかもしれない。間違いがあればコメントしていただければと思う。

[目次へ戻る]
[PR]
by kazuhooku | 2005-01-06 14:38 | GNU