「ほっ」と。キャンペーン
kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
<   2008年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
世界地図とローカリゼーション
進行中の事象だし、フレーム化すべき問題だとは思わないので、とりあえず一般論として。

国際的なサービスで、世界共通の地図を使うと、「そこはオレの国の領土だ」的なフレームが発生するってのはよくある話。

参考: Google: xbox 竹島

まあこの参考例は地名なんでさらにややこしいけど、たぶん炎上可能性っていう意味では次の3要件をどれだけ満たすか、ってあたりが問題になるんじゃないかな。

1. 複数の国家による領有権の主張が行われているか
2. 地図上の区分は実行支配国と一致しているか
3. 問題の地域に居住者がいるか

今回 (対馬が韓国になってる) について言うと、1 が微妙で 2 が間違っていて、なおかつ実際に居住者が多数いる (3) ので、あーやばいなーって思う。日本法人で苦情は受けるけど自分たちでは直せないとか、中の人は明らかに大変そう。帰ってフテ寝ちゃえとか思うけどそういうわけにもいかないんだろうなぁ。

でまあ、そのあたりの経緯を眺めてると、南千島がロシア領と表示されていることに絡んで、そもそも世界中が納得できる地図なんてあるのかっていう話も出ているわけで。それは結局、2 が満たされているのであれば、1 とは違っていてもしょうがないよね、と納得できるか否かというとあたりなんだろう。

個人的には実効支配の状況を反映していれば、それはそれでひとつのスタンスとしてアリだろとか思うんだけどどうなんでしょうね。今回の地図には小さすぎて出てないけど、スプラトリーとかだとやばいんでしょうか。

でも世界地図もローカライズしなきゃいけないなんて面倒ですよねぇ。
[PR]
by kazuhooku | 2008-05-29 23:16 | 雑想