kazuho.exblog.jp - 奥 一穂の飲んでから書くブログ。なにもかもアルコールのせいです
Twitter 日本語版と SNS の将来
 Twitter みたいなサービスって、日本においては芸能人を連れ込めるかどうかで勝敗が決まるんじゃないかなぁ。タレントの日常みたいだろおまえら、みたいな。写真が添付できるのは必須かも。

 問題はデジタルガレージにその力があるか。あるいは、サイバーエージェントがやってしまわないか、といったあたりかと。

 そして Twitter のような SNS 的サービスと芸能人の集客力がくっつくと SNS は厳しくなるのかぁと思った。Mixi はともかく、ケータイの SNS の世界は全く知らないけど。
[PR]
# by kazuhooku | 2008-01-10 12:14 | 雑想
データコンテナ船を半水没型にすれば
Data Centers on Cargo Ships? (Data Center Knowledge)
A Bay Area startup is planning to build data centers on cargo container ships, according to Kenneth Jamaca at Silverback Migration Solutions. Jamaca said the company, known as IDS (International Data Security), is planning to build up to 50 data centers on de-commissioned cargo ships, including 22 in North America.

さすがに電力は陸から供給するみたいね、こっちの場合だと。ただし、海水を冷却に使うから空調電力が削減できるとかいう売りはあるみたい。

データコンテナ船 - raurublock on Hatena

どうせなら半水没型にして、その上に放熱を利用した常夏のビーチを作ってほしい。ギークの健康増進と、出会いのチャンスを!
[PR]
# by kazuhooku | 2008-01-10 05:38 | ネタですからね~!!
プログラマの責任
 前に書いたように、私は情報に有害も有益もないという立場を採っている。これは、技術についても同じこと。もし技術そのものが有害だったり有益だったりしたら、我々はWinny判決をよしとしなければならないことになってしまう。技術者が背負っているのものは、技術の良否に対する責任だけでも充分重い。この上善悪に対する責任まで負えといったらそれは重すぎる。
404 Blog Not Found:技術と品格

 法的責任と倫理的道徳的責任をどう考えるか、という点をちゃんと分けて議論してほしいと思った。

 基礎技術について「技術は中立だ」と主張するのならわかるけど、ウェブの、ましてやスパムなんてのは、応用技術も応用技術なんじゃないかと。原子力という技術自体の研究は中立だとしても、水爆の起爆装置の研究を行うべきかどうかにおいては、倫理的な問題が絡んでくるんじゃないですか? ウェブも同じ。たとえば「炎JOY」みたいなサイトを作って、「技術的に可能だからやっただけ」と主張するのが正しいとは、自分は思わない。基盤となる技術をどう応用するかにおいて、プログラマは責任を追っていると思うよ。マクルーハンちっくに言えば「The Medium is the Message」ってこと。
[PR]
# by kazuhooku | 2008-01-08 11:41 | 雑想
「引用」について
 以下の文章は「ノーカットで」という条件で引用・転載自由とします。
レコーディング・ダイエットのススメ: 賢明なブログ読者の皆様へ - 岡田斗司夫さん

 必要な部分のみを切り取って引用されることを、拒否することはできなかったと思うんですが、ちがいましたっけ。逆に、「ノーカットで」コピーすることは「引用」とは言わないように思います。 (参考: 引用 - Wikipedia)

 実にどうでもいい話なんだけど (てか岡田氏が誰かの権利を「侵害」したわけじゃないですよね。自らが被害者であると主張はしたけど。なのになんでこんなに叩かれてるの?)、産経の記事までが、「ノーカット」だったので (笑)
[PR]
# by kazuhooku | 2007-10-27 11:31
高河ゆんと初音ミクの可能性について
 「初音ミクの魅力がオタクでない僕には分からないので教えて下さい - araig:net」を読んで、なんだかなぁ、と思った。

 初音ミクに道具としての魅力がないかもしれず、現状、初音ミク「が」消費されているにすぎないというのはそのとおりだと思う。でもだからと言って何故、

ありったけの呪詛を込めて言うが、ここからは、絶対に、何も、生まれない。

とまで言い切れるのか。

 このエントリを読んで、自分はなんとなく高河ゆんを思い出した。araig:net 氏の批判は、文中の「初音ミク」を「コミックマーケット」(あるいは二次創作) に置き換えても、そのままコミケ批判として成り立つ。しかし現実には、高河ゆんのように、コミケ出身の漫画家は少なくない。逆に「オレは他人の漫画の絵を真似て描いたことはないぜ」なんていう漫画家はいないんじゃないか。手塚治虫だってディズニーのマネしてたわけだし。バンドだって、コピーやったり、インスパイヤされたりするでしょ?

 少なくとも、現状の初音ミクには、かつて聖闘士星矢やキャプテン翼やサムライトルーパーがそうであったような、場としての魅力があるわけであり。そこから新しい才能が巣立っていく可能性は確かにある、と思う。

ToDo: ガンダム00の録画予約を忘れないこと>自分
[PR]
# by kazuhooku | 2007-10-20 11:34 | 雑想